メニュー

エクササイズとスポーツによる怪我を防止する | フィットネスマシーン アクセサリー 販売|TKクリエイト

m headerlogo

logo

image Fitness image1

HEALTH GUIDE

エクササイズとスポーツによる怪我を防止する

201210041605009498M. P. ガスバリ
私は本章を、病院とリハビリテーション・センターで一般に見られるスポーツによる怪我のタイプについて一般的に見て行くことから始めるつもりでした。そして、これらの災難を避ける方法について考えを少し提供しました。 しかし、私はすぐ逆に問題の要点に触れることに決めました。 本当に、エクササイズとスポーツによる怪我を防止することは、難しくありません。 実際、あなたが正にそれを考えるとき、大部分のエクササイズとスポーツ関連の怪我が起こるのを防ぐためには、2つの基本的なガイドラインがあるだけなのです。
1. 適切な用品を使用して、適切な器具/アクセサリーを使います。そして;
2. 注意してください。
2番目は、いつも心に留めておくべき非常に重要な点です。私はエクササイズの通の人ならびに友人が、とても熱中して、結果について考えなかった時に、軽い怪我をするのを見たことがあります。 トレーニング不足またはエクササイズの習慣で、怪我することがあります。それをする間、何をしているか気づいていることが重要です。球技に参加しているのか、通りを横断しているかかと同じです。 毎日あなたの内なる警告を聞いてください。そして、経験を思い起こしてください。 スタミナを増やすために、激しいトレーニングやランニングや水泳をしているとき、少し遠くでもいいですが、決して自分自身を危険な崖っぷちに行かさないでください; その崖っぷちはあなたの限界であるかもしれません。そして、結果が最悪である場合があります。 従って、緩めることを覚えてください。 マイペースでやってください; あなたの限界とあなたがどこまで遠くに行くことができるかを知ってください。

最初のガイドラインは自明で、そして、すぐに到達します。 私は、最初に、あなたに適切なプロテクターやスポーツ用品を使い、良いスポーツ用品とアクセサリーに投資することの重要性を強調したいです。 もしあなたがホームジムを設計していて、お金をトレッドミル、エクササイズバイク、クロスストライダー、マルチジムなどのような器材に投資するつもりであるならば、丈夫で、優れた上質の材料で、人間工学的にデザインされたアクセサリーやスポーツ用品を製造するプロで信頼できる会社から購入することはきわめて重要です。 私が下で上げたような、多くのエクササイズでの怪我は不完全なエクササイズ・マシンと器材や適切なプロテクターを使用しなかったことが原因です。 強くて健康な体を鍛え上げることにおいて、最悪なことは負傷することです。気を付けてください ...
毎年何百万もの人がスポーツやエクササイズ関連で怪我しています。 それらは、2つのカテゴリーに基本的に分けることができます: 急性および慢性の怪我です。深刻な急性の外傷性怪我は、例えばホッケー・パックの頭への打撃や、足首などの捻挫などです。慢性の怪我は、特定の筋肉の腫れや炎症などです。これらは、多くの場合トレーニングまたはエクササイズを終えたあと、感じる痛みです。
以下は、怪我人を生じる可能性のあるスポーツのリストです。野球、テニス、ホッケー、ボクシング/空手/格闘技トレーニングその他です。 下記のような怪我が、フィットネスの間に起こる可能性があります。

 

201210041606256577・捻挫と筋違え、ねじれ
・テニス肘(上顆炎)とひざ靭帯損傷(ランナーひざ)
・足首と腱の損傷(腱炎)
・筋肉のつりまたは筋力低下
・筋のけいれん
・炎症と腫れ
・打撲と挫傷
・骨折または脱臼
・頭部外傷と振とう
・首関連の怪我
... その他


これらの怪我の多くは、最初のガイドラインでまさしくその常識によって防止することができたのです。: 適切な用品を使用して、適切な器材/アクセサリーを使ってください。 振とうは、たとえば、フットボールでの怪我でよくあります。 正しい器材、例えばしっかりと中に結びつけられて、マウスガードを利用している適切なヘッドギアは、頭部外傷の発生率を減らします。フットボールの激しい試合をする時、頭をあげろ、目を開けろと言われることを思い出してください(ガイドライン・ナンバー2)-おそらくコーチがしばしばそれらの言葉を繰り返すのを聞いたと思います。 激しいエクササイズトレーニングまたはゲームの間の捻挫と筋のちがいは、ほとんど回避不可能です。 しかし、そうではありません。 良質のリストサポーター、足首とひざのサポーターを着けることによって、そのような災難を防いでください。そして、必要に応じて、肩とウエストにも着用してください。

 

適切な靴はまた、深刻で不当な怪我を避けることができます。 マラソン・ランナーやジョガーよりもむしろ短距離競走ランナーは、異なるタイプの靴をはきます。 適切な靴を履くと、パフォーマンスを強化し、同時に怪我を防止します。

 

奇妙に聞こえるかもしれませんが、私は日曜日に、人々が革のドレスシューズやサンダルやスリッパや想定もできない履物をはいてトラックのまわりを駈けているのを見たことがあります。 まだ裸足で走ることの方が、これらの人々よりましでした。 わかっていてください。 あなたがどんなタイプのスポーツやエクササイズをしており、あなたを保護して、パフォーマンスを強化する最高の用品とアクセサリーについて、知ることがいかに大事かを理解してください。
多くの筋のけいれんは、ウォームアップに2、3分を費やすことによって避けることができます。 トレーニングまたはレース前のストレッチの適切なウォームアップが、怪我の危険性を減らすことを、科学的に証明されました。 泳ぐか、走る前に、10分のウォームアップの効果を声を大にして言います。 完全であると感じるとき、私は自信を持ってエクササイズすることができるということを知っています。 実際、筋肉を引っ張って、手足を伸ばすことは、それ自体優れたエクササイズなのです; 私は、それを強く推薦します。
あなたがウェイトリフティングの結果として、背中の筋肉または他の筋肉を痛めたならば、ウェイトが重すぎますと言います。 ゆっくりと、順序だって、問題なく、あなたを強化してください。 あなたが筋肉の痛みを感じるようなとき、ビーチで女の子に良い印象を与えることはありません。
私が挙げたこれらの単純なガイドラインに従うことで、慢性でも急性でもスポーツ怪我に対する可能性を大きく減少させることができます。 安全に自分のペースでトレーニングをしてください!

関連商品

20121004164626

BNS-9205テリークロースアンクルサポート

20120906172505

BNS-001エラスティックリストサポート

20120906171529

BNS-230マグネティックリストサポート

 

 

前のページにもどる